Web/スマートフォンサイト制作

レスポンシブWebデザイン

スマートフォンやタブレットの普及によって、Webサイトの多くは、PCのモニターだけで見るものではなくなりました。
これからのWebに求められるのは、画面の小さなデバイスへの配慮です。
ジークスは、画面の大きさに合わせて表示方法を最適化するレスポンシブWebデザインの構築を行っています。

デバイスに合わせてデザイン表示を最適化する

HTML5+CSS3を用いて、デバイスの画面サイズに合わせたデザインを表示するように変更します。スマートフォンにはタッチ操作をしやすいデザイン、PCには一覧性を高めたデザイン、タブレットにはその中間というように、デバイスの特性に合ったデザインを出し分けることができます。

最適化後、HTMLは一元管理

デバイスに合わせて表示を出し分けますが、HTMLは各デバイス用には必要ありません。一つのHTMLの管理・更新で済むため、表示のずれなどもなく、管理コストの削減につながります。

システム開発コストの圧縮

レスポンシブWebデザインを採用することで、デバイスごとのHTML作成が不要になります。これまで表示デバイスごとに作成していたHTML、データベースの情報を一元化することで、システム構築時の考慮を減らすことができます。結果として、開発コストと期間の圧縮が可能となります。

構築済みサイトのレスポンシブ化

レスポンシブWebデザインは、リニューアル時に取り組むことでコストメリットを最大化できる手法ではありますが、構築済みWebサイトにも適用することができます。弊社では、既存Webサイトのソースコードの分析と改修プランの策定、HTML/CSS/JavaScriptを駆使した改修によってシステム改修コストを最小化したレスポンシブ対応をご提供します。
※既存Webサイトのソースコード解析結果によっては、リニューアルを選択した方がコストメリットが高い場合もございます

関連する実績

関連するサービス