ソリューション

iBeacon位置情報対応サービス

Apple社からiOSの新機能として発表され、位置情報把握ソリューションの目玉として注目されるiBeacon。
iBeaconは主にO2OなどのBtoC分野での活用が期待されますが、弊社では研究開発、実証実験や特許出願によるノウハウを蓄積、BtoBビジネス分野での活用を意識したサービスを開発しました。
工事現場における作業員や作業機器の位置情報把握システムや、フリーアドレスオフィスにおける従業員位置把握システムなど、特にGPSでの位置把握が困難な屋内での位置情報把握システムとして多方面での導入実績がございます。

サービスサイトはこちら

位置情報対応クラウドサービス「AB Stamper On ZX Logger Cloud」

AB Stamper On ZX Logger Cloud はiBeaconを使った位置情報検知のクラウドサービスです。
オフィスなどの使用したい場所にビーコン端末を設置して、スマートフォンに専用アプリをインストールして持ち歩くだけ。
アプリは起動はもちろん、バックグラウンドでの動作も不要で、インストールしておくだけで位置情報をサーバに送信します。
ビーコンとの通信はBluetooth LEで行うため、バッテリーへの影響は最小限。
アプリインストールユーザの位置情報は管理画面で確認できます。
オフィスのマップ上にグラフィカルに表示され、探しているユーザの位置情報を一目で確認できます。
また、アプリでも探したいユーザを検索できます。
導入は現地調査から取り付けまで弊社にてサポート。システムは弊社クラウドからの提供となるため、メンテナンス不要です。

他サービスに対する優位性

■ アプリのインストールのみで動作(起動は不要)
■ アプリの電池消耗は5%以下
■ 位置情報の誤差2m以内
■ 60秒〜480秒に1回のビーコン情報収集設定が可能
■ (iOSでのビーコン情報収集がAppleの制限により1分に1回であるため、最短は60秒となります)
■ 位置判定エンジンを含んだライブラリーの提供で他のアプリへの組み込みも可能
■ ABStamperサーバと接続APIの提供による他サービスへの組み込みも可能
■ 位置判定エンジンのアルゴリズムについて特許出願中(特願 2014-077519号)

利用シーン

■ 人やモノの移動データを蓄積し、設備、施設の最適化に利用
■ 車両や荷物の場所を管理して、業務の効率化に利用
■ 病院施設、介護施設における医師、看護師、ヘルパーの位置情報把握に利用

動作環境

PCアプリ 対応OS:Mac OS X(10.7以上)、Bluetooth 4.0以上を搭載
スマートフォンアプリ 対応OS:iOS(7以上)、Android 4.3以上

関連する実績

関連するサービス