「3D smart&try(スマート アンド トライ)」接客AIアシスタント タブレット用アプリケーション開発

株式会社ワコール様 [アパレル]

ワコール様の新たなサービス「3D smart&try」において、AIによる接客アシスタント機能を持つタブレットアプリケーションの設計・開発を担当。
AIはIBM Watsonを搭載。顧客との対話を通して最適な商品を探すための支援タブレットにおけるタッチポイントを開発。
ジークスでは情報整理からUI設計、開発までを担当した。このプロダクトは、店舗でお客様自身がAIと会話をしながら自分に合った商品を見つけるサービスのため、操作感や見やすさ、親しみやすさを意識しながら開発を行った。

アプローチ

IBM Watson Assistantと連携して
チャットボットを実現

AirPrint対応プリンタへの印刷

サービスカテゴリー

  • スマホアプリ開発
  • プランニング・UI/UX
  • Webアプリ・システム開発

開発期間・テクノロジー

  • 対応フェーズ 要件定義、UI設計、基本/詳細設計、プログラミング(iPad, Web API)、テスト
  • 開発期間 14ヶ月
  • デバイス タブレット(iOS)

スタッフボイス

UI設計に関して、開発チーム主体でデザインチームと連携し、構築することにチャレンジしました。実装での実現性を考慮しながらスムーズに設計することができたかと思います。

プロジェクトマネージャー 今井健一

IBM様との協業案件だったため、Slackを利用しながらコミュニケーションを密に取り合い、スムーズな案件進行ができたと思います。 店舗設置のiPadアプリケーションとして、初見の利用者でもわかりやすい操作性を考慮しました。
目玉としてIBMのAIエンジン(Watson)と連携し、AIチャットボットによる商品検索機能の実装、チャットでの会話パターン制御や会話内容を元にした商品検索があります。実現には苦労しましたが、自然な会話の流れで商品検索を構築できました。
また店舗設置の3Dスキャンシステムやプリンタとも連携し、アプリを中心にショールーミングストアのおすすめ商品機能を実現することができました。

サーバーサイド開発リーダー 笹嶋資泰